労働保険

 

 一人親方・事業主も労災保険に特別加入することができます。

 雇用保険も取り扱っています。

労災保険は組合へ】

  • 労災保険(労働者災害補償保険)は、政府が運営する保険制度です。
  • 労働者が業務中や通勤途中でケガをした場合、療養や休業などの必要な保険給付行います。
  • 組合では、加入手続きから労災申請まで全面サポートをいたします。

【ケガをしたときの給付】

  • 治療費は全額無料です。
  • 休業の4日目から、1日につき平均賃金(給付 基礎日額)の8割が支給されます。
  • 障害が残れば等級に応じて、年金か一時金が給付されます。
  • 死亡のときは遺族に年金などが支給されます。

 【事業所労災

  • 労働者を雇ったら、事業所労災に加入しなければなりません。
  • 事業所労災の保険料は、事業の種類と年間工事請負金額で決まります。保険料は、年度当初に概算で申告・納付し、翌年度に確定精算することになります。 
【中小事業主の特別加入制度
  • 事業所労災に加入しても事業主とその家族従事者は労災保険の対象にはなりません。事業所労災に加入し特別加入をすることで労災保険給付を受けることができます。(家族だけで仕事をしている人は、一人親方労災に加入します。)
  • 保険料は、給付基礎日額で決まります。

【一人親方労災】

  • 一人親方は事業所労災の対象になりません。組合で一人親方労災に加入しましょう。
  • 保険料は、給付基礎日額で決まります。

【仕事中にケガをしてしまったら】

  • 労災保険に加入すると、労災保険加入証明書が発行されます。この労災保険加入証明書を病院に提示し「労災保険で」と申し出てください。
  • 組合事務所まで速やかに連絡をお願いします。療養給付・休業補償等支給の事務手続きを無料で行います。
  • 健康保険でかからないようにして下さい。