中建国保

中央建設国民健康保険組合(中建国保)を取り扱っています。

全建総連を母体組合とし、建設業に従事する組合員と家族のみなさんがおよそ28万人加入しています。 

【所得が関係ない保険料です】

  • 保険料は、所得に関係なく、年齢・仕事の形態・扶養家族の人数で決まります。
  • 30歳未満の方は保険料が低額となっています。
  • 以下の加入資格を満たしている方は、ご加入いただけます。
【加入資格
  1. 建設産業に従事し、かつ、組合員であること。
  2. 静岡県内に住民票があること(※但し、健保適用除外事業所の従業員を除く)
  3. 一人親方・職人、従業員5人未満の個人事業所の事業主とその従業員であること

※法人事業所および従業員5人以上の個人事業所の事業主とその従業員の方は、いわゆる社会保険と厚生年金の加入が義務付けられているため、中建国保への新規加入はできません。

【給付が充実しています】

  • 組合員が1ヶ月の中で、一つの医療機関で、自己負担額が17,500円を超えた分が払い戻しされます。(償還金制度)※70歳未満の組合員が対象で、資格取得月より3ヶ月間は対象外
  • 組合員が保険証を使って診療を受け、入院・外来に関わらずお医者さんから仕事を休むように言われた時、5日以上の休業であれば休業1日目から休業手当を支給します。(傷病手当金)
  • 3歳未満の乳幼児は、保険料が無料です。
  • インフルエンザ等の予防接種の費用の一部を補助します。
  • 指定保養施設の宿泊で、1人につき3,000円を補助します。

 【申請が必要なとき】

手続き

中建国保にはいる家族がいるとき

出生・転入・他保険脱退など
中建国保をやめる家族がいるとき 死亡、転出、他保険加入など
住所・氏名が変わったとき  
保険証を紛失したとき  
医療費が高額になったとき  
医療費の立替払いをしたとき  

家族が親元を離れて就学するとき

 

 給 付

インフルエンザの予防接種を受けたとき

1人2,000円を年度内2回補助

肺炎球菌の予防接種を受けたとき

(年度中に65歳、70歳、75歳の誕生日を迎える方)

1人2,000円を年度内1回補助

指定保養施設に宿泊したとき

1人3,000円を年度内1回補助

やむを得ず個別に健康診断を受けたとき

(人間ドックなど)

検診費用10,500円まで年度中1回補助

※必ず基本健診を受診していること

組合員が病気などで5日以上労務を休んだとき

1日あたり入院8,000円、

入院外2,000円~4,000円支給 

詳しくはこちら